top of page
スポーツフィールドの旗

立川市体育協会 概要

特定非営利活動法人立川市体育協会の前身は、立川体育同好会として昭和21年(1946)11月に設立、昭和22年(1947)4月に立川市体育協会と呼称を変更、平成21年(2009)3月17日に登記・設立された団体で、立川市民を中心に広く周辺地域住民を対象として、体育・スポーツの振興・研修事業・体育・スポーツ施設の管理・運営事業、スポーツ功労者等の顕彰事業を行うことにより、健全な精神の涵養を図ると共に、青少年から高齢者まで、健康で健やかな人生を送れる社会の実現に寄与することを目的に、主として次の事業を行っております。

①スポーツ大会や教室の開催等スポーツの振興、普及、啓発事業

②体育・スポーツの振興に関する情報収集・提供事業
③選手、スポーツ指導者及びスポーツ少年団の育成及び派遣、研修事業
④体育・スポーツ施設の管理 ・ 運営事業
⑤スポーツ功労者等の顕彰事業
⑥その他目的を達するために必要な事業

附則以下の省略部分については、事務局へお問い合わせください

(特非)立川市体育協会コンプライアンス規程

(特非)立川市体育協会スポーツ団体ガバナンスコードの遵守状況について

(特非)立川市体育協会の自己説明・公表

(特非)立川市体育協会問い合わせ先

立川市体育協会について

ホームラン

会 長 挨 拶

               

令和6年1月吉日​  

スポーツを愛する皆様へ、謹んで新年のお祝いを申し上げます。

また、日頃から当協会の活動へのご理解とご支援を賜り、改めて感謝申し上げます。

昨年5月に新型コロナウイルス感染症が5類に移行した事により、スポーツにおいても活動を推進するための環境が整い、また、新たな生活様式も定着しつつスポーツの灯が再び盛り上がることを実感した年となりました。特に、地区体育会による町民運動会は3年ぶりに開催することができ、改めて「する」「みる」「ささえる」スポーツの楽しめる環境づくりの大切さを感じたところです。

さて、当協会は、1946年(昭和21年)に「立川体育同好会」として設立、翌年「立川市体育協会」として78年に渡り活動をしてまいりました。近年スポーツ庁の発足や多くの場面で「スポーツ」の言葉が用いられるようになり、教育的意味合いの強い「体育」から、健康増進・余暇利用などの社会的ニーズが広まり「スポーツ」という考え方が重要な要素となってきております。これらの事を受け、当協会も本年4月1日より「立川市スポーツ協会」に名称変更をおこなう事となりました。競技スポーツだけでなく、健康づくりや気分転換を含む「スポーツ」の役割をより一層高め、立川市におけるスポーツの統一組織として立川市とともにスポーツ振興に邁進してまいりたいと考えております。

本年も、当協会の活動にご理解をいただき、ご協力をいただいておりますすべての皆様にスポーツの推進という共通の願いに向かい、変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。

結びに、市民の皆様のますますのご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げ、新年のごあいさつといたします。

 

特定非営利活動法人 立川市体育協会

   会 長  芦 澤 清 八       

 

役員名簿

 【会長】 

 芦澤 清八

 【副会長】 

 永島 康雄(会長職務代行/市町村体育協会連合会担当)

 森島 保(12地区体育会連絡会総括)

 川北 富士男(事業部総括/100トレ体操推進担当)

  萩原 伸一(事務局長/広報部総括)

 【常務理事】

 鶴澤 章(税理士 会計業務総括/ゴルフ協会)

 五十嵐 治(シニアスポーツ振興担当/総務部副部長/バレーボール連盟)

 荒井 章雄(ジュニア育成/バスケットボール協会)

 中沢   寿(総務部総括/水泳協会)

 【会計】

 齋藤 けい子(ソフトテニス連盟)

   横田 邦夫

 【事務局次長】

 佐久間 雄一(多摩信用金庫殿より派遣)

 【事務局】

 深田 正幸(事務局相談役/学識経験者)

 浅子 倖代  長島 瑠美  

 【顧問】

 鍔本 昌弘  河内 勝正

 【相談役】 

 遠藤 佐吉  山崎 省次  髙橋 栄

 橋本 直樹  澤部 範儀  大澤 敏夫

 大村 勇三  中村 清   坂下 香澄

 【監事】

 福田 一平  森谷 倍己

 【総務部長】

 横井 有江(健康体操連盟)

 【事業部長】

 大畑 勝俊(錦町体育会)

 

 【事業副部長】

 渡辺 英子(新体操連盟)

 【広報部長】

 飯野 実(合気道会)

 【広報部副部長】

 河野 宏(テニス連盟)

 

 【総務部】

   宮川 和秀(トライアスロン協会)

 伊藤 栄一郎(自転車競技連盟)

 内海 靖子(高松町体育会)

 足立 和隆(若葉町体育会)

 小林 宏壽(ダンススポーツ連盟)

 佐藤 三男(西砂川地区体育会)

 福森 敏康(クレー射撃協会)

 毛塚 愛子(卓球連盟)

 澤口 正幸(ミニテニス協会)

 白倉 良一(相撲連盟)

 石塚 義人(弓道会)

 笠松 ヤエ子(羽衣町体育会)

 宇多村 純一(サッカー協会)

 井伊 務(富士見町体育会)

 【事業部】

 岩渕 定明(柏町体育会)

 小林 康(柔道連盟)

 金刀 督純(武術太極拳連盟)

 津﨑 茂(剣道連盟)

 栗原 曻(ゲートボール協会)

 小泉 泰男(柴崎町体育会)

 田中 真(陸上競技協会)

 浅田 昌紀(吹矢レクリエーション協会)

 山下 和久(バスケットボール協会)

   吉田 彩(バドミントン協会)

 高橋 弘一(空手道連盟)

 辻村 恵三(栄町体育会)

 堺  繁太(スポーツ少年団本部)

 【広報部】

 仲宗根 健(野球協会)

 菅原 勉(曙町体育会) 

 後藤 覚(幸町体育会) 

   結束 陽(砂川体育会)

 

スカッシュ用品

歴代会長

【初 代】中島 舜司    1947年(昭和22年)4月~1950年(昭和25年)3月   

【第2代】板谷 信一郎 1950年(昭和25年)4月~1952年(昭和27年)3月 

【第3代】中島 舜司  1952年(昭和27年)4月~1954年(昭和29年)3月 

【第4代】中村 富雄  1954年(昭和29年)4月~1956年(昭和31年)3月 

【第5代】桜井 三男  1956年(昭和31年)4月~1959年(昭和34年)3月 

【第6代】榎戸 辰治  1959年(昭和34年)4月~1971年(昭和46年)3月 

【第7代】宮崎 桂太郎 1971年(昭和46年)4月~1973年(昭和48年)3月 

【第8代】川嶋 武   1973年(昭和48年)4月~1981年(昭和56年)3月 

【第9代】寺沢 正光  1981年(昭和56年)4月~1987年(昭和62年)3月 

【第10代】荻野 芳廣   1987年(昭和62年)4月~1997年(平成9年) 3月  

【第11代】金子 劭一   1997年(平成 9年)  5月~2003年(平成15年)5月 

【第12代】鍔本 昌弘     2003年(平成15年)5月~2005年(平成17年)5月   

【第13代】河内 勝正   2005年(平成17年)5月~2023年(令和5年) 6月

【現会長】芦澤 清八  2023年(令和 5年)6月就任

立川市体育協会 組織

総会
理事会
監事
会長
賛助会員
事務局
各部会・委員会

  総務部  

  事業部 

  広報部

​  スポーツ少年団

Googleアナリティクスの利用について

 

当サイトでは、サイトの利用状況を把握するためにGoogle社による「Googleアナリティクス」を使用しています。このGoogleアナリティクスはデータの収集のためにCookieを使用しています。このデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。Googleアナリティクスの無効設定は、Google社によるオプトアウトアドオンのダウンロードページで「Googleアナリティクスオプトアウトアドオン」をダウンロードおよびインストールし、ブラウザのアドオン設定を変更することで実施することができます。この規約に関しての詳細はGoogleアナリティクスサービス利用規約のページやGoogleポリシーと規約ページをご覧ください。http://www.google.com/analytics

なお、Googleアナリティクスのサービス利用による損害については、立川市体育協会は責任を負わないものとします。

bottom of page